学習の進捗

【学習の進捗】その3

2019年 11月 18日(月)

『物理のエッセンス 熱・電磁気・原子』で比熱を学ぶ。

問題3と4を解答を見ながら解いてみた。自力ではいまいちコツとかが分からず。

高校の勉強は難しい。素直にそう感じた。

大学の勉強はさらに、と言いたいところだが、高校の勉強・基盤をしっかりさせておけば対応できるものなのだろうか。

未だその域には達していないので、上からの意見が欲しいのが本音。

19日(火)

『物理のエッセンス 熱・電磁気・原子』、問題3と4を復習する。

さらに気体の熱力学に入り、11ページの問題5をやる。

難易度は高いとは思わないが、定数だか状態方程式だかを覚えるのが大変だ。

問題6と7にも手を出す。

長岡数学は数Ⅰに戻り、第4章の図形と計量をやる。

まずは三角比。

図形は苦手なので、克服したい。

20日(水)

物理のエッセンスの復習を行う。

昨日は形だけだったのを補習というか補修する感じで。

長岡数学の三角比はとりあえず眺めておく。

21日(木)

とりあえず読む程度に留まる。

あまり、勉強したい気分ではないや。

22日(金)

いまいちどれを勉強したらいいのかで悩む。

すぐには仕事に活かせないものだしなあ、勉強。

少しは休むのも悪くない。

物理のエッセンスに触れた。

23日(土)

早くもルービックキューブの全6面が完成した。

動画を見続けていただけだが、上手くいくものだ。

物理のエッセンスはしばらく読むだけでもいいかな。

書いたほうが頭には入るけど、とてつもなく面倒で、やる気を無くすくらいならと苦渋の決断。

まあ、楽しいけど。

気になった問題とかをノートに書くなどして対応しよう。

最近は燃料電池やその他電池、発電など、電気の仕組みが気になり始めた。

専門の本を買って読みたいな。創作などに活かしたい。

24日(日)

やる気が起きないので、今後の勉強の方針について考える。

とにもかくにも、高校レベルを履修し終えないと先に進めない気がする。

勉強ができなくなった時期(統合失調症の寛解・かんかい前)は黒歴史扱いで、心機一転して焦らずやるかな。

正直、他の仕事や趣味も大量にあるので、勉強に時間はあまり割けない。

受験生は一日何時間、もしかしなくとも二桁代の時間を勉強に費やしているのかと思うと、差は大きい。

焦りはないし、諦めもないが、計画性はあったほうが良い。

自分の場合、大学レベルの内容も踏まえて学習計画(5年、10年単位?)を練(ね)ったほうがやる気が湧くかもしれない。

あとは、大学レベルの内容の本を分からなくとも、先取りして読むとモチベーションが上がるのかもしれない。

自分の場合、学んだ内容はできるだけ無駄なく、創作に活かしたいと思っている。

物理のエッセンスの『熱・電磁気・原子』で、熱を飛ばして電磁気と原子を少しやる。

自分の書いている小説では、核融合発電やら電磁投射砲(レールガン)、荷電粒子砲(かでんりゅうしほう)とかが出てくるので楽しく、真面目にできる。

長岡数学もやろう。

三角比をあれこれといじる。法則性がつかめてきた

数学ガールとかも揃えてみたいな。でもまだ分からないだろう。

コミック版(最初の方の上下巻)は持っているが、落ち着いていて、爽(さわ)やかな作風で楽しめた。

Wikipediaなども、なかなか数学の定理や公式、その他細かい(雑多、は失礼かな?)情報があるのでずっと眺めたり、関連リンク・ページを追いかけるのもいい勉強になりそうだ。