学習の進捗

【学習の進捗】その12

2020年 1月 20日(月)

最近は気力、体力ともに減衰気味。

モチベーションが死んでる。

夕方5時過ぎ。微分をやろうかな。

接線の方程式が面白いが、難しい。

次は『関数の増減と極大・極小』になる。

当たり前だが、この日記系記事はほぼ誰からも読まれていない。

というか読まれていない。

いつかは学習の内容を高度にして、知識欲のある方に読んでもらいたい、と思う次第である。

21日(火)

生物の『はじめからていねいに』などをよく読む。

【数学トンチ?】結ばれていない結び目、ほどくとはなにか【高次元空間を見る方法】』という記事を1時間ほどかけて書く。

論文みたいな記事タイトルになってしまったが、内容はかなりざっくりとしている。

執筆後、公開するか迷ったがどうせほぼ読まれないだろうとはいつものことなので、普通に公開した。

高次元空間を見る方法』は名著なので、タイトルに惹(ひ)かれた方はさっさと購入すれば良いと思う。

22日(水)

勉強はどうしても後回しになるな。

かといってゲームばかりしているわけでもないが。

本来は10年くらい前には終わらせているべき内容をいまさらやっている。

ちょっと悲しい、が病気(統合失調症)のせいだったのだと自分に言い聞かせる。

今でも勉強をするあたり、なんだかんだいって自分は勉強も好きらしい。

少なくとも、嫌いではない。

問題をガリガリとく必要はない(≒受験生じゃない)ので、視野を広げる勉強を優先してやっていきたい。

長岡数学では数Ⅱの微分で増減表を学んだ。

23日(木)

MTGアリーナ最前線などのサイト構築が落ち着き、人生に余裕が出てきた。

しばらくはお金に頓着せず、収益化を見守りたい(サイト・ブログではほとんど稼げていないが)。

いろいろと勉強する。

もう少しスパート上げて、本格的に高校の内容を頭に叩き込みたい。

大学受験をするかは十分な実力が備わってからでも遅くはない。

学習するだけなら家でもできるし、大学に行く明確な理由がないので宙ぶらりんである。

さよなら、センター試験。こんにちは、大学入試共通試験。

自分の人生に関係あるかは謎だが。

基本、学歴とは関係のない仕事ばかりし過ぎで、大学に行けるありがたみをほぼ感じない。

あとは、医学全般や法学(法律)もざっくりとだが学んで、知っておきたい。

必要なときは専門家に頼るが、全く知識がないよりはマシだと思える程度にはいろいろと専門分野に手を出し、知っておきたい。

医学部や法学部1年生向けの本がないか探すが、なかなか大学受験の本ばかりで存在が見当たらない。

各分野(医学なら。免疫学とかの○○学。法律なら六法の各種とか)を調べて、それで検索するのが早そうだ。

また、行政書士や司法書士などは受験資格にが必要ない(大卒である必要もない)ので、目指してみても悪くないような気がする。

いざというときの、保険だ。

『ゼロからスタート! 海野禎子の司法書士1冊目の教科書』という良さげな司法書士資格試験の本がkindle unlimitedに加入されていたので、さっそく電子書籍として読んでみる。

ざっくりと読んだが、のっけ(最初)から非常な良書のオーラが漂っている。

これがフリー(月額課金制定額・サブスクリプション)とか、本当に良いのだろうか?

でも、やっぱり紙でも読みたいな。2冊目の本は紙で買おう。

24日(金)

今日はろくな勉強ができなかったが(ゲーム・MTGアリーナをしていた)、数学をWikipediaなどで項目を漁ってみる。

非常に多数の項目があり、いつものことながら一通りざっくりと学んでいきたいと思った。

自分は先人の後を追いかけるくらいしかできないのだろうが、それで良いと思った。

心底学習を楽しんでいる面があるし、社会の役に立つとか今さらどうでも良い。

楽しんで「お勉強」しよう。

25日(土)

化学の新研究』は面白いような気がするが、実際に問題を解く力がそのまま身につくかと言われると、微妙だ。

もうしばらくしたら、問題集を買って解いていこう。

自分が将来、どの分野で学問をしていくのかは疑問だが、創作(小説執筆)などに応用するなどの形が良いような気がする。

いわゆる、「広く浅く」タイプの学びというか、天才でもないのに苦労をしている気がする。

26日(日)

ちょっと勉強は放置で。

アウトプットをやった感じ(カクヨムで小説論を書いたりとか)。

やりたい勉強は山ほどあるが、どれも中途半端だ。

気分の乱高下が激しく、落ち着きのない人生である。

まあ、毎日充実しているからそれでいいか。

今日の夜は長岡数学で微分をしよう。