雑記

勉強はコスパが良すぎる趣味だ

勉強は難しいから嫌い! と思う人は多いかもしれません。

ただ、時間をむちゃくちゃ潰せるいい趣味と捉(とら)える人は存外少ないようです。

周囲に合わせて、嫌いになってはいけない

勉強嫌いの子どもに大人は多いかもしれませんが、少しでも好きなところを見つけて、それを伸ばそうという考えは大事です。

周囲がいくら嫌っていても、自分はこの勉強が好きだ! と思って努力し続けることの、なんと美しいことか。

あなたのことですよ。

役に立たない勉強はおおむねない

本当にない、とは言い切れませんが、だいたい人生において勉強は役に立ちます。

学歴が高ければそれだけで信用されやすいのは当然でしょうし、大抵の高学歴の人は自分に自信があり、また天才とかでもない限りは粘り強く勉強をし続けた証拠になります。

真面目に勉強し、学歴や資格を取ってそれを上手くアピールできれば、就職面では少なくとも有利です。

勉強は孤独で辛い作業になりがちです。それが本質なのかもしれません。

ですが、その試練に耐えきれる(耐えきった)人間だ、という人であるならば誇りに思うべきでしょう。

頑張った証明証書として、それだけで特に学校の勉強はする価値があります。

専門的な知識・技能を勉強で身につけられる

自分は数学を筆頭に、理系を主に学んでいます(暗記系は苦手)。

専門知識があることでより良い仕事を得るのは想像に難くないですし、自分もこうしてお勉強ブログを開設しました(まあ、自分の専門知識はこれから、と言った感じですが)。

専門的な勉強、といっても幅広いですし可能性はまさに無限大。

向き不向きなんてどうでもいいから、頑張ってみてほしいです。

別に天才の独壇場でもなんでもないんですよね。

案外、天才が取りこぼした新発見とかは多いと踏んでいます。

こんな感じです。

ありがとうございました。