学校

【高校数学】『考える』という高尚な概念は大学以降にとっておくべき

どうも、書い人です。

なかなかに過激なタイトルをつけましたが、本音で語っている証拠だと思ってください。

高校数学についてですが、あれ、考える必要はありません。

解けない・わからないという人は頭の使い方を間違えているだけで、まともな指導を受けてできない人は障がい者(事実)だけだと思っています。

管理人はある程度大学以降の比較的『研究』と呼べるようなものにも触れていますが、あちらは楽しいですね。学習の自由度が半端ないです。

高校の勉強は論理パズルをあれこれ当てはめてできるかどうかで、一部の超難問(東大・京大の入試の一部)を除けばセンスなんて要らないと思います。

断言しますが、数学の勉強ができない、というのは言い訳をしているか、障がいがあるかのどちらかです。

そういう書い人も完全に高校数学をマスターしているわけではないのですが、まともに学ぶ時間が取れていてできない人はまずやり方を間違えているよなあ、と思っています。

どのみち大学で理系に進んだら爆死する気はしますが、文系の大学に進んで数学は高校までできれば大丈夫だという方は、基礎からみっちり学んでいけばそうそう間違いは起きないはずです。

大学でも、数学科とか極端な理系に進むわけではないのならある程度努力してこなせるようにするだけで問題ないでしょう。

管理人自身は精神病で高校時代はまともに頭が回らなかったので、幸いにも回復してきた今は勉強できなかった時間を取り戻すべく、毎日コツコツと頑張っています。

大学レベルの数学・物理にも挑戦して、跳ね返されたりもしています。

まだ1・2年生レベルなので、研究というほどではありませんね。

そこは先人の知識をなぞるだけで、高校の勉強とあまり変わりはありません。

もっと徹底的に「お勉強」して、振り返ったときに良い記事が書けるようになっていることを祈ります。

うん、なんか中途半端だなあ。

専門的に理系や数学の道に進みたい人や、スレスレでもいいから文系の数学をどうにかしたい人に絞ってまた記事を書くかもしれません(正直、どっちも具体的に書くのは難しいけれど)。

高校の数学で躓(つまづく)くというのは、基礎が足りていないとかの問題でしょう。

今までできていたのになぜだかついていけなくなっているという方は、素直に精神科などを受診してみるのも手です。

馬鹿にしているわけじゃなく、高校が終わってから障がいが見つかってもかなり遅いです。

自分がそうであったように(人生は続きますがね)。

ありがとうございました。