知性

自分がやっている、ノート(紙)を使わない・書かない勉強法について

どうも、書い人です。

自分は勉強(主に高校レベル)をする際に(特に最近は)ほとんどノートや紙、そしてペンを使わずに学習しているので、普通のやり方じゃない気がして、気になったのでまとめてみました。

「書かない」のは悪いやり方なのか?

普通はあまり良くない、と言われていると思っています。

でも、自分はノート等にダラダラ書くくらいなら問題や暗記用の読書を複数回、あるいは何十回でも(速読なほうです)繰り返したほうが理解が早い気がしてなりません。

なんなら、問題集すら読まずに脳内記憶だけで問題を復習する、ということも別に不可能ではありません(というか普通にやっています)。

紙に書く勉強は、ただ書いただけで理解した気になる場合があるのが問題だと思っています。

問題だけ目にしていざ解け、と言われたら手も足も出ない、とかはありそうですね。

ネットで調べてみた結果、「書かない勉強法」はアリだと知った

読むだけ、あとは反復を繰り返す、という学習方法は別にそこまで悪いわけではないのだとネット(様々なサイト様)で知りました。

細かい学習の調整方法を1つ1つ挙げていくのは、最終的には「その状況による」としか言えなくなるのであまり書けません。

とりあえず、ひたすら読んでみます

人体実験だっ!(誰だよ) というノリで自分自身がこの勉強法を試してみたいと思います。

紙に書かなくて済むのは非常に楽だし、何度も反復する気にもなります。

ある程度覚えてきたら、脳内で問題を思い出して「だいたいこういう解き方だったよなー」とかもやってみます。

ありがとうございました!